青汁が持っている薄毛改善効果について

青汁には非常に多くの健康効果が報告されています。そして、近年青汁には育毛にも効果があるという意見が出てきました。青汁には育毛剤のような直接的な育毛効果がある訳ではありません。しかし、青汁の持つ活性酸素を取り除く働きが薄毛の改善に役立つ効果があるというため、間接的に育毛に役立つという意見です。以下で詳しく見ていきたいと思います。
MENU

青汁が持っている薄毛改善効果について

青汁には非常に多くの健康効果が報告されています。そして、近年青汁には育毛にも効果があるという意見が出てきました。青汁には育毛剤のような直接的な育毛効果がある訳ではありません。

 

しかし、青汁の持つ活性酸素を取り除く働きが薄毛の改善に役立つ効果があるというため、間接的に育毛に役立つという意見です。以下で詳しく見ていきたいと思います。

なぜ青汁が薄毛にいいのか?

薄毛が発生する原因には活性酸素にあるという意見があります。この活性酸素はもともとは体内に侵入した最近やウイルスを撃退するために働いています。

 

しかし、この活性酸素が溜まりすぎると正常な細胞を傷つけるという悪影響を発生させることがあります。そのため、この活性酸素が溜まりすぎると体内では活性酸素を除去する方向で活動が起こりますが、その際にアミノ酸が消費される事になります。

 

このアミノ酸は髪の毛を生成する際に髪の毛の原材料になる栄養素です。アミノ酸が活性酸素の除去で消費されてしまう事により、髪の毛を作るのに十分なアミノ酸が確保できなくなってしまいます。結果として、生えてくる髪の毛は栄養不足の弱々しいものになります。

 

このような髪の毛は健康な髪の毛と比較すると非常に抜けやすい傾向があり、必然的に抜け毛の量は増えていきます。また、この活性酸素には髪の毛を作る細胞である毛母細胞の働きを低下させるという働きがあります。

 

毛母細胞の働きが低下する事もまた髪の毛の生成に悪影響を与える事になります。活性酸素の悪影響によって、髪の毛の生成が進まなくなり、結果として薄毛の症状が現れます。

 

活性酸素を体内から取り除くためには抗酸化作用のある栄養素を摂取する必要があります。抗酸化作用がある栄養素として挙げられるのは、ビタミンA、ビタミンC、ポリフェノール、SOD酵素といったものになります。

 

そして、実はこれらの栄養素は青汁に豊富に含まれている栄養素になります。そのため、青汁を飲む事は結果として活性酸素を取り除く事につながります。増えすぎた活性酸素が体内から除去される事により、髪の生成が正常に進むようになります。この結果、薄毛の症状は改善していく事になります。

 

このような効果があるため、青汁には育毛効果があると言われるようになりました。直接的に育毛を促進するわけではありませんが、薄毛の原因を取り除き、髪の毛が生えやすい環境を整えるという事では青汁には一定の効果が見られます。薄毛を防止する意味でも青汁を飲み始めてみるのはいかがでしょうか。

このページの先頭へ